複数返済の負担を回避

電卓複数の借入先からそれぞれ異なる請求金額が届く状態では、おのずと毎月の負担が大きくなると同時に、ケアレスミスから支払い遅延を生じさせてしまうリスクが否めません。こうした状況を改善する上で、未返済となっている借入を一旦完済、もしくはそれに準じる状態にまで返済するため、新たな借入で準備したお金を借り入れられれば、いわゆる仕切り直しが可能となります。その後は新たに借り入れた金額を、月々無理のない分割払いで返して行けば、毎月の収入に対する返済額が占める割合を抑えることができ、余裕を持った生活をすることが可能となります。

この「借入額を返済するための借入」が、一本化されたキャッシングサービスです。解釈を間違えると、膨大な借入総額に不安を覚えてしまいますが、主目的はあくまで、月々無理なく返済可能な返済額への仕切り直しであり、利用前の複数社からの借入を一気に完済してしまうので、過剰債務を抱えることには基本的にありません。

また各社の未返済分を一括清算することで、各社が定める金利を抑えられるメリットも期待されるなど、十分な資産に基づくこのキャッシングサービスのメリットは、プラスアルファの部分も見過ごせません

 

利用上の注意点

通帳いわゆる一本化されたローンを利用する際には、同サービスを提供する金融業者が定める、所定の審査のクリアが必要です。既に複数社からの借入が存在する状況での追加借り入れですので、希望者の全てが希望額全額の融資を受けられるとは限りません。これから初めてキャッシングサービスを利用される方の審査と比較して、設定される通過基準が厳しい傾向が見られると捉えておきましょう。

次に新たに借り入れた分の月々の返済額を少額に抑えれば、自ずと当初の返済プランに対し、完済時期は後方へとスライドします。また返済期間が長くなれば、最終的に負担する金利総額も大きくなる可能性が否定できません。月々の返済が楽になるメリットに対し、この返済期間が長くなる点と、金利負担総額が大きくなる可能性を正しく理解しておきましょう。

自身の中長期的なライフプランを見直し、完済までの期間中に仕事を失ってしまう可能性はどうなのか、その他家族や住宅ローンはどうなっているかなど、多角的な検証作業をすることが欠かせません。さまざまな可能性が生じるケースを想定して、全ての場面に際しても、確実に返済が続けられるような支払月額を見据えた上で利用してこそ、そのメリットが活きるキャッシングサービスです。

You Might Also Like